NKRCは、家電メーカー各社の使用済み家電のリサイクルを行う環境企業です。かけがえのない地球環境を守り、資源循環型社会に貢献します。

環境への配慮

環境負荷低減

フロン類(冷媒と断熱材)の回収

オゾン層を破壊し又は地球温暖化に深刻な影響をもたらすフロン類の大気中への排出を抑制するため、フロンを適切かつ確実に回収します。

二酸化炭素:CO2の抑制

マテリアルリサイクルの促進により、地球温暖化の一因であるCO2の排出量を大幅に抑制します。

廃棄物最終処分量の削減

北九州エコタウン企業などとの連携により、廃棄物ゼロ・エミッションを図ります。

環境に優しい循環型リサイクルプラント

工程廃水をプラント内で回収・浄化し、再利用しています。

ライフサイクルアセスメント(LCA)

製品のライフサイクルにおける環境負荷を算出する方法に、ライフサイクルアセスメント(LCA)があります。
家電リサイクルでは、電力・石油などの各種エネルギーを用いて、使用済み家電製品を収集・分解・破砕して、鉄・銅・プラスチックなどの材料として再生しています。再生材料は様々な製品の製造段階で利用され、新規に原料から製造する代替になります。
CO2排出量を当社の処理実績を基に比較して見ると、再生材料を使用した場合、原料から製造する場合に比べ大幅な削減となっています。この例からも、家電リサイクルは、地球温暖化、大気汚染などの環境負荷の低減に有効である事がわかります。
《地球環境に及ぼす影響をCO2排出量で評価》
NKRCのリサイクル処理:64万台リサイクル→有価物:24,838トン(2016年度)
原料から製造した場合のCO2排出量グラフ 家電リサイクルにおけるCO2排出量グラフ
【増加分】リサイクル処理によるエネルギー使用量
(全エネルギー消費量をCO2に換算)

増加されるC02排出量:+3,362トン/年

【削減分】原料から製造した場合のCO2排出量
(同じ量の有価物を新たに原料から製造)

削減されるC02排出量:−31,906トン/年